矢野経済研究所が毎月会員向けに発行する【ヤノニュース(12月号)】にフクルの取り組みをご紹介をいただきました。

矢野経済研究所の会員向け定期刊行物のヤノニュース 2018年12月号のトピックスに、フクルが行うマスカスタマイゼーション事業について取り組みや未来の縫製についてご紹介いただきました。

ヤノニュース
ヤノニュース2018年12月号

矢野経済研究所の調査ではマスカスタマイゼーションはグローバルブランドによる大企業の生産方法とされてきましたが、フクルの行う「個のネットワーク」によるアパレル生産の仕組みを事例として紹介。

手に職を持つ職人の活躍の場と、中小のブランドやアパレルメーカーがサスティナブルな衣服の生産方法として将来に向けた取り組みの事例を交えてご紹介いただきました。

矢野経済研究所ではマスカスタマイゼーション(マスカス)は大資本による大工場によって個別生産の生産性を向上させルコとでマスマーケットに提供する【大きなマスカス】を定義する中で、フクルの【小さなマスカス】や極小ロットは新たな取り組みとして紹介いただき、今後の動向にご注目いただけました。

フクルでは【小さなマスカス】によって大企業だけでなく、中小のアパレルメーカー、新進気鋭のデザイナーズブランド、個人の「服を作り共感したい」に寄り添うとともに、作り手の技術の継承?適正な対価を実現することでサスティナブル(持続可能)な産業と社会を目指しています。

https://www.yano.co.jp/yanonews/yearly.php?year=2018

矢野経済研究所は市場調査やマーケットリサーチを主としたトータルマーケットファームで「アパレル産業白書」などの多様な業種の調査を行う会社。広く市場規模や市場動向など企業や社会における将来を予見するために活用されている。